• トップ

葬儀式場で受付担当する場合

急な葬儀で、親族からお手伝いとして受付担当を依頼されたら、何に注意すればいいでしょうか。まず、受付担当として指名されたということは、受付の場に相応しい人物として必要とされていることを心に留めておきましょう。おそらく想定される弔問客の多くと既知という可能性も高いでしょう。葬儀では、喪主をはじめ、親族の哀しみの胸の内を察し、厳かな雰囲気の中で、手際よく受付担当として立ち居振る舞いをしなければなりません。来訪者の中には、久しぶりに顔を合わせる面々もあるでしょうが、積もる話は精進落としに取っておいて、手短に言葉を交わす程度に控えます。 葬儀式場での受付担当の手順として、弔問客から弔意の言葉などに応答し、記帳をお願いします。お包みを預かり、香典返しの引き換えの券がある場合は、ここでお渡しします。一人の弔問客が複数の香典を預かってくる場合も少なくないので、香典の包みの数に応じて、引換券も必要数を渡すように注意が必要です。一つの香典袋に複数名など、状況の確認が必要なこともあります。社員一同などであれば、一つでいいでしょう。引換券ではなく香典返しをその場で渡すケースであれば、このタイミングで渡します。授受が交錯しがちですので、複数名担当であれば、受け渡しを分担すると良いでしょう。

↑PAGE TOP