• トップ /
  • 葬儀の受付を頼まれたら

葬儀において受付は重要な役割り

葬儀は遺族にとって故人を送る大切なセレモニーです。近年は家族葬という形も増えてきましたが、親族以外の会葬者が多く参列する葬儀の場合友人や仕事関係者が分担して手伝う事があります。その中で会の規模の大小に関わらず必要な係が受付です。葬儀で受付を担当する場合は他人であっても遺族側の立場で会葬者を迎えます。従って会葬者に対する挨拶の言葉にも気を付けなければなりません。受付の流れとして先ずは会葬者を迎えて挨拶です。「お忙しい中お越し頂きありがとうございます」「お足元の悪い中ありがとうございます」等、芳名帳に記帳を促す「恐れ入りますがご住所とお名前をお願い致します」、香典を受け取り「ご丁寧にありがとうございます」又は「お預かり致します」等、その後会葬御礼引換券を渡して会場に案内します。 会葬者が帰る際には「ご会葬ありがとうございました」と挨拶します。難しくはありませんが同時に手も動かしますし、何よりお金を扱うので会葬者が立て込む時間帯には注意が必要です。挨拶以外にも例えばトイレの場所を聞かれたり、寒い時期にはコートを預かったり、受付で対応する事は様々です。 ちょっとした言葉遣いにも注意して、心を込めて故人を送る良い葬儀になる様に手助けをしましょう。

↑PAGE TOP