• トップ /
  • 葬儀受付での香典マナー

葬儀で大切な香典マナー

香典は葬儀への参列の有無を問わず、故人との交流があった人が行う大切なマナーの一つです。今回は葬儀の受付における渡し方やタイミングなどを見ていきましょう。葬儀に参列する際は、袱紗に包んでいきましょう。袱紗の色は緑・青・鼠色・紺色・紫など暗めの色を用います。袱紗は本来四角い布ですが、最近では金封タイプの袱紗など便利なものもあるので、上手に活用しましょう。葬儀場に着いたら受付で香典を渡します。最初に芳名帳にも氏名や住所を記帳しますが、そのタイプによって渡し方も異なります。芳名帳がノートタイプの場合は、受付で香典を先に渡してから記帳しましょう。個別になっているカードタイプの場合には、まずカードに記帳をすませてから、受付でカードと一緒に香典を渡してください。渡すときの声掛けにも気を配るようにしましょう。葬儀場の受付で袱紗から香典を取り出し、この度はご愁傷様でございます」と一礼し、「ご霊前にお供えください」と一言添えて渡します。差し出す前に、住所、氏名また包みのなかに金包みが入っているかを確認しておくようにしましょう。渡し方やタイミング、どのような言葉をかければいいのかなどをしっかりおさえて、スマートなふるまいを心がけましょう。

↑PAGE TOP