• トップ /
  • 葬儀の受付で記帳する時のマナー

誰が葬儀に参列するかで違う記帳

通夜や告別式など葬儀に参列するときには受付でお悔やみの言葉を述べるとともに芳名帳や香典帳に氏名と住所を記入します。でも、個人で参列するときには自分の住所と名前を書けば良いのですが、誰かの代理で参列する時には誰の住所と名前を記入すれば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。芳名帳への記帳は誰が葬儀に参列してくれたのかをご遺族が後で確認するためのものですから、代理であっても実際に参列した人の住所と名前を記入します。そして香典帳には香典を預かってきた人の住所と名前を記入します。ただし、葬儀の受付での記帳を簡略化して芳名帳と香典帳を分けずに1つにしている場合もあります。その場合は参列できなかった人の名前を記入し、横または下に「代」の文字を書き添えます。妻が夫の代理として参列する時は「内」と書き添えます。またグループの代表として葬儀に参列する場合はグループ名を記入して小さく自分の名前を書き添えます。芳名帳や香典帳への記帳はご遺族が後で確認しやすいようにわかりやすく記入することが何よりも大切です。もしも記帳の方法についてわからないことがあれば、自分勝手な判断で記入するのではなく葬儀の受付で確認するのが良いでしょう。

↑PAGE TOP